電話番号 03-6300-5154 10:00〜12:00、13:00〜17:00 (土日祝除く)

導入事例 – 株式会社BitStar様

株式会社BitStar

https://corp.bitstar.tokyo/

コーポレート部
人事
熊木 様

私たちはインフルエンサーが活躍できるようなインフラを作るというビジョンのもと、YouTuberを中心としたインフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar」 を運営しております。
BitStarではインフルエンサーの皆さんに対して、発掘、育成、マネタイズまでのプロセスを一気通貫できるスター輩出プラットフォームとして、ITを活用した新たな仕組みを提供しております。 現在は1.広告プラットフォーム、2.プロダクション、3.メディアの3つの事業を運営しております。
  • Q. 
    御社の採用状況や採用手法について教えてください
  • A. 
    弊社では昨年に資金調達を行い事業が大きく成長フェーズにある為、中途採用を中心に今年は60~70名の採用人数を計画しています。年末までには現在の70名から140名程の組織を創っている最中で組織を約2倍にするというボリューム感の為、採用活動の手法も多岐に渡ります。
    15職種+ハイクラス人材をターゲットにWantedlyやキャリアトレック等のダイレクトリクルーティング、人材紹介会社も30社程を利用しています。リファラル採用も毎週直接呼びかけを行い、毎月1、2名は採用に繋がっています。今後は更に新卒も優秀な人材であれば採用を考えているので採用イベント等の活用も考えています。
    各ポジションごと現場のメンバーからの採用要件の設定はかなり高いスキルを必要としていますがビジョンへの共感、人間性、どれだけやり切れるかという事も重要視をしています。
  • Q. 
    システムの入れ替えを検討したきっかけを教えてください
  • A. 
    弊社では設立当初より採用は積極的に行なってはいたものの、組織として20人を満たないような状況だったので、最初はシステムを導入するほどではないかと思っていました。ですが、事業が急速に成長していく中で、今後近い将来に採用業務の範囲でも様々な問題が起きるのではないか、という予感を感じるようになりました。
    今後採用人数が急速に増えていく中で採用スピードが落ちる、作業業務の増加、データを蓄積する事の必要性等が出てくるという意見やアドバイスが、社内のメンバーや採用コンサルティングの担当者からも上がったため、早めにシステム導入の検討を始めることにしました。
  • Q. 
    ジョブカン採用管理を選んだ理由は何でしたか?
  • A. 
    徹底的に採用業務を効率化をする、という事と採用活動に関してもデータ蓄積をしてPDCAを高速で回せる事を考えていたのでその2点、業務効率化と採用活動のデータ化が簡単に出来るかという点で選びました。
    効率化の中で現場へ委譲できる業務は落とし込み、組織として採用にコミットする事も考えていたので、ITスキルの高い現場のメンバーがUIや操作性にストレスを感じない事も大切でした。他にも色々な施策や採用に関する打ち手を常に取り入れていきたい中で、1つのシステムに高すぎる費用を使う事は考えてなかったのでジョブカン採用管理のコストパフォーマンスの高さも選択理由になりました。
    また、勤怠管理経費精算ワークフロー労務管理等の他バックオフィス系システムも手掛けていて評判の良い事も安心感が有りましたね。ジョブカン採用管理を導入後にジョブカン勤怠管理とジョブカンワークフローも導入し、他業務の効率化も進んでいます。弊社はスキルも高く多種多様のメンバーがいるのでその皆が使いやすくと言って貰えているので助かっています。
  • Q. 
    導入後にどのような効果がありましたか?
  • A. 
    導入後は、業務効率化により1日に3~4時間程度の時間を創出できていると感じますね。その創出した時間で更にジョブカンのレポート機能を活用してPDCAを回しています。具体的には媒体毎や紹介会社別の応募や内定の数値を把握した上で次の施策検討、というサイクルを回しています。
    人材紹介会社も職種やポストへの相性もあるのでその把握にも役立ています。候補者毎に評価内容や簡単なメモなども残せるのでスピーディーに現場のスタッフへ候補者情報を共有出来るのも採用スピードを高めてくれているので非常に助かりますね。
    今後はより自動連携出来る媒体が増えてくれる等、どんどん開発を進めて下さることも期待しています。

関連記事